電話: 0156-22-2025
FAX: 0156-22-2752

 

施設紹介

 北海道十勝平野の東北部に位置する本別町は、面積391.99平方キロメートル、人口が約9千人の、四季がダイナミックに変化する自然豊かな町です。本町は、21世紀の長寿社会に安心と希望のもてる、保健・医療・福祉が連携した地域包括医療を推進するため、本別市街地を見下ろす丘陵地「太陽の丘」に、地域の基幹病院である本別町国民健康保険病院を中核に、民間が設置する介護老人保健施設アメニティ本別、及び福祉行政の窓口と質の高い介護サービスを提供する機能を備えた本別町総合ケアセンターの3施設が平成12年にオープンしました。
 本別町国保病院は、内科、外科、耳鼻咽喉科を中心としたプライマリケアを充実させながら、小児科、眼科、精神科など1.5次医療圏における診療機能強化を図っています。これらの診療科を中心に慢性疾患、理学療法、初期救急、訪問診察など身近で容易にサービスを受けられる1次医療を基本にしながら、広域医療として人工透析を実施し、周辺地域の人工透析センターの役割も担っています。

許可病床数 一般病床 60床
診療科目 内科
小児科
精神科
外科
耳鼻咽喉科
眼科
整形外科
泌尿器科

基本理念

 おもいやりをもち、人にやさしく、ていねいな医療の実践により、地域に愛される病院になろう

基本方針

《効率化》 安全で効率的なチーム医療を目指します
《高品質化》 患者に公平で良質な医療を提供します
《自助努力》 医療人としての自覚と技術の向上のため自助努力します

沿革

1945年  9月 北農経営の本別厚生病院開設
1948年   町営に移管 
1950年  5月22日 本別町立病院新設 内科・外科・婦人科 20床
1952年   伝染病隔離病舎新築併設
1953年   小児科開設 病床を51床とする
1963年   病床数76床
1966年   結核病棟新築 96床となる
1971年 11月 同じ場所に新築
1976年   理学療法室新築(振動病対策)
1988年  8月 1日 透析開始
1992年   CT導入
1995年  6月 精神科サテライト外来開始
1996年   訪問看護事業開始
1998年  8月 眼科外来開設
2000年  4月 1日 太陽の丘に移転新築 MRI導入 60床
2004年  1月31日 日本医療評価機構認定病院
2006年  7月 7日 耳鼻咽喉科開設
2009年  9月 2日 整形外科開設
2009年 10月13日 泌尿器科開設
2013年  5月 7日 脳神経外科開設
2016年  7月26日 皮膚科開設










太陽の丘・モニュメント